クボクリニュース

クボクリニュース

Vol.47 発行:2015/1
発行所:医療法人社団草思会

訪問診療を行っています!

 錦糸町クボタクリニックでは在宅療養支援診療所として、医師が定期的に患者さんの自宅に訪問して診察する「訪問診療」を行っています。
 訪問診療は主に自力で通院することが困難な方が対象で、本人・家族と契約に基づき計画的に月2回の訪問を行います。症状に応じて訪問看護も併用して
います。医療費の自己負担は外来診療と同じ制度です。
 現在は3名の医師が別々の曜日に訪問診療を担当しています。訪問診療の開始には申し込みされてからの契約が必要になります。まずは医師にご相談ください。

デイケアよりお知らせ

錦糸町デイフェスティバルを開催しました!
 11月12日(水)に、「第4回錦糸町デイフェスティバル」を開催しました。  朝、小雨がぱらついた為に、1階で予定していたバザーを急遽7階で開催するという変更はありましたが、それでも予定していた催しを無事終えることができました。大人の輪投げといった体験型アトラクションや、カレーライス・三色そぼろ丼・抹茶ラテなどを販売したカフェ、手工芸品・手作りアクセサリー販売や焼き菓子販売も好評でした。  発表部門では、実践的就労プログラムメンバーによるプレゼンテーション発表、こもれびの合奏サークル、 手話を交えた合唱と、日頃の練習の成果が発揮されました。特にオープニングを飾ったあじさいの阿波踊りでは、ご来場いただきました方々の飛び入り参加もあり、とても楽しいひとときとなりました。  また今回、実行委員会企画として「デイフェスティバルのイメージキャラクター投票」を行いました。個性的で完成度の高い作品が集まり、祭りに華を添えてくれました。  関係機関やメンバーのご家族の方、日頃活動を支援してくださるボランティアの方、外来通院中の方など多くの方々にご覧いただきました。皆様のご協力のもと、大変な盛況で終えられたことを厚く御礼申し上げます。  なお、デイフェスティバルで得られた収益はメンバーの活動に役立たせていただく予定です。バザーのために不活用品をご寄付頂いた方々には、重ねて御礼申し上げます。ありがとうございました。


「こもれび」のチームがトリムバレー大会準優勝!

市川市近辺の医療機関や自立支援事業所により毎年2回行われているトリムバレー大会が、10月24日(金)に開催されました。クボタクリニックデイケアからは2チーム、錦糸町クボタクリニックデイケア「こもれび」からは3チームが出場し、合計13施設23チームが集まりました。トリムバレーを通じて親睦と交流を深め、優勝を競い合いました。その結果、「こもれび」から出場した1チームが健闘し準優勝いたしました。

お知らせ

平成26年1月より、クボタクリニックでは内・外装のリフォームを行います。ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。


医事課からのお知らせ

    ※クボタクリニックの医師担当時刻表はこちらを、錦糸町クボタクリニックの医師担当時刻表はこちらをご覧ください。
    ★年末は、平成26年12月27日 (土)午前まで診療いたします。
    自立支援制度をご利用の方は保険証の変更(社保・国保・住所・氏名等)のつど、保健所等での変更手続きが必要です。新しい受給者証がくるまでは、申請書の控えをご提示ください。変更されていない場合、一部負担金が発生する場合があります。また、必ずご自身の受給者証の有効期限をご確認ください。診断書は1年おきの申請の時に必要になります。早めにお申し出ください。

グルメ工房Skyより

 錦糸町クボタクリニックのデイケア「グルメ工房Sky」では、8F調理室で調理したものの販売活動を行っています。 「下町はいからカレー」は、群馬県産江原ハーブ豚とリンゴを使用したコクのあるスパイシーなカレーです。
「フォーリース」はパイナップル餡を包んだ台湾のお菓子です。いずれもクリニック内で販売しておりますので、どうぞご利用ください。

クボクリオリジナルカレンダーのご案内

     今年も外来患者さん、デイケアメンバーの方々の作品による「クボクリオリジナルカレンダー」ができました。希望される方は、外来受付におたずねください。